人生相談から〜のご質問(自尊心)

本日2連投!

まさに自分もそれと葛藤しています…
もう少し
感情と理性の部分を
分かり易くお願いできますか…と
いうご質問を
頂きました。

ので、

早速ですが
あくまでも私の想い、言葉ですので
それが合ってるのかは分かりません。
Yahoo!でもGoogleででも
感情、理性については調べて下さいまし。

こちらでは
私の想う言葉で述べさせてもらいますね。

『感情は放つもの。
理性は抑えるもの。』

以上です笑

な〜んてね。と思いつつ、
そうだと本当に思っとりまして…

良い感情なら
無限に放てばいいし
良くないなぁ〜と思う感情なら
抑える事も必要なのです。

感情〈 良い感情

それに越したことありませんが

感情 〈  良くないと思われる感情

であれば
抑えどころはどこ?ってこと。


その役割が出来る

最終局面は理性

であると思っています。



(そもそもの理性が
湾曲してるなら
もはやこの話は
通じませんが…)

放つこと
抑えること
のバランスも大事だね〜ってことを

前の記事では
述べていたのです。


……………………………

どんなことを
抑える必要があるかと言ったら


例えば……

誰かに対し
怒り狂ったり、荒れくるったり…
嘆き散らしたり…妬んだり…恨んだり…
執着心…依存心…(欲しい欲しいの欲求だったり)
…本能の赴くままなど…諸々とあり


本来なら理性の出番が少なく済むなら
それにこした事はありませんが…
そうは言っても理性は必要な役割なのです。


では、何故抑えなきゃいけない程の
思いになるのでしょう。。

どこからきてるの?ってことなんですよね。

実はこれこそが
大事なことなんです!



これは

自尊心の問題

でもあるんですよね。


他者から存在価値を認められたい。
受け入れてもらいたい。

肯定された経験が少なければ(無い)
自ずと自己評価は低くなり
その後も
自分の存在価値を見つけようと
何かしらで
照らし合わせるようになるのです。
自己肯定感ともいいますが
成長過程も関係してます。


つまりは誰かに

認められたい。
愛されたい。  

が根本的にあるんですよね。
(ある意味では悪いことではないのですが)


問題なのは

大人になっても
その要求が中心では
間違いが起きやすいのです。

いや……

苦しい事が多いのです。

原動力が

『乾いた心』だから。
いつまでも満たされないままなのですよ。


この運びや肯定方法などは
Be-shinオンナ塾で
詳しくお話しするとして、


『前回のおさらいは』

感情を抑えるのが理性ならば

理性ある行動をとれるのも
感情次第でもある。

という事です。

〜今日のまた一言〜
自尊心とは心の中の心。
自身を作り上げるものでもあるのです。



hiro

Be-shin オンナ塾

愛し  愛されるための しなやかな生き方を目指して