ココロの予防接種

今日はBe-shinに
ご参加下さいました皆様♪
ありがとうございました。

今回は、質問の中から
この言葉を持ち帰り
私なりにお伝えしようと思います。

…………………………

今後、大きな痛みを少しでも和らげる為に
今、あえて小さな痛みを選ぶ事は必要か。

いわゆる
心の痛みの予防接種。


誰もが
今後、大きなショックを
受けたい前提で
今を過ごしている方は
いないと思います。

ですが
過去に何らかの
大きなショックを受けた方は
また、この痛みを
感じる事は避けたい!と
自身の防衛本能とし
願うのはよく分かります。

人間誰しも
安心、安全装置は
元々から備わっていますから。

ですが、
この回避の仕方は
予防したからといって
新たに出た悩みが(ショックが)
軽く済むかは疑問なのです。


それは
新たなショックが
何か分からない。
どういう状態の元、
与えられるかは
分からないのです。

痛みとして感じる要素が
予防接種と合致するのかは
予測不能ということ。


痛みを感じたという
出来事を
糧にして
はじめて、心は強くなれ

そして、
また新たな痛みを感じたのなら
そこからでしか
課題は見つからないこともある。

痛みが来るかもしれない…
その囚われる事を
選択するのではなく、

来たらきたで
課題と向き合う事が
大切なのではないかと
思います。

つまり、
小さな痛みをあえて選ぶのではなく
小さな痛みを感じれば、その都度
修正、調整していく。


過去は
消せません。
けれど
克服という大きな産物は
きっと今後の人生に
大きな飛躍として
生まれ変わると思っています。
そして
同じ過ちは繰り返さないと
学習して行くまでです。


〜結論〜
その都度
乗り越えることこそ
本当の予防接種となる。

Hiro

Be-shin オンナ塾

愛し  愛されるための しなやかな生き方を目指して