許すことは…

相手が居ての問題で
受けた事から心に傷を負った場合
1番難しいのが
【許す】ということだと言われています。


どうしても…
許す事が出来ない…。

人間関係や恋愛、夫婦問題でも
時々そう嘆く女性達から
相談も受けます。

正直ね。
許すとは
本当に難しい事だと思います。

受けた行為そのものは
やはり本人でしか
感じとれない事。

相手がした行為を
許せないケド許さなければいけないのでは…と苦しい思いに
打ちひしがれるのもよくわかります。

もしかして
許せない!ではなく
本音は
許したくない!の方かもしれないしね。


それでも

少し視点を変えてみて

貴女の心にある
わだかまりや
嫌な感情があることを許してみては
どうでしょう。

…………

された側は
何故その様に
自分を悲しませるのか……。

何度も何度も
何故⁈と理由探しを
された方もいるでしょう。。

理由があれば別ですが、

した側からしては
【理由はない】
という事もあるのです。

つまり…

貴女を傷つけるつもりは
なかった。が…
結果として傷つけてしまった。
という事。

どれだけ貴女が
理由を見つけようとしても
見つけられない事もあるのです。

理由が見つけられず
理解できず、
解決の糸口が見つからず
立ち直れない。


では
何を許さなければいけないのでしょう?


許すという行為は


【自分の為にする行為】

相手先決の行為ではなく
時として時間も必要ということ。


貴女が貴女の為に
貴女が歩むこれからの為に
傷ついた貴女が
自分自身の幸せの為に。
そこを見て歩む事で

いつかは…
気付いたら…
相手を許してた。

ってくらいで
いいんじゃないのかな。

ほら。女心は
いつでも複雑に向かう
習性あるから。
先ずは自分の想いを拾ってね♪


和解は
相手も貴女も
お互いが尊重出来てはじめて
出来ることだよ。


Hiro

Be-shin オンナ塾

愛し  愛されるための しなやかな生き方を目指して